ご存じの通り、昨今の労働力不足や世界的な賃金上昇の問題を受け、あらゆる業界で自動化推進の機運が高まっています。
弊社でもROM書込みを自動化する「自動プログラミングシステム」の導入効果についてよくお問合せをいただきます。

人の手による作業では、どんなに仕組みを改善し、細心の注意を払ったとしても、間違えて不良品を良品と判断してしまったり、ソケットへの実装時にICのリードを曲げてしまったりすることがあります。
自動プログラミングシステムを導入すると、こういった日常でよく起こる問題の解決につながります。

生産効率も格段に向上します。
長時間人の手をかけることなく作業が進んでいくので、作業者は別の作業を並行して行うことができます。
書込みデータやデバイス容量の増大に伴い、書込みスタートから書込み完了まで、手作業では待っている時間が大きな割合を占めますが、自動プログラミングシステムはそんな時間も文句も言わず、さぼりもせず、せっせと作業をしてくれます。

また、他のシステムとの連携も得意です。
バーコードリーダやウエアラブル端末を用いることで、入力ミスなどのヒューマンエラーを防止したり、近くにいない作業者に部品補充や機械停止を通知することができます。
プリンターと接続し、ロット終了時に書込み情報を印字したラベル出力することで、仕向地ごとのロット管理も容易になります。

小さなことが発端で大きな損害に発展する場合もあります。
お客様の書込み現場ではミスが発生したり、非効率と感じる工程はないでしょうか。
我々も一緒に悩んで解決していきたいと思いますので、これなんとかならないかな?と思った際はぜひお気軽にお問合せください。