近頃協働ロボットという言葉をよく耳にします。

協働ロボットとはその名の通り、人と同じ空間で一緒に作業を行うロボットのことです。

今まで人が行っていた、同じ作業を繰り返し継続して行うといった作業を協働ロボットに任せることができます。

例えばたこ焼き屋さんでは、協働ロボットがたこ焼きを作り、人がトッピングと会計を行うといった具合です。今までの一般的な産業用ロボットは人と一緒に作業を行うことはできませんでした。
従来の産業用ロボットは非常に力が強く、人と接触してしまった場合大きな事故になりますので、安全上、柵などで人と隔離した状態にしなければいけないからです。しかし最近では、安全機能が備わり、小型軽量で移動や設置が簡単だったり、ティーチング作業を容易にするなど、使いやすく導入しやすくするための進化をとげ、人と共に働くロボットの活躍の場が増えることとなりました。その目的は昨今の人手不足への省人化対応や、自動化による作業者の負担軽減といったものが多いようです。
現在では幅広い業種で使用されており、またロボットメーカからもいろいろな特徴のある協働ロボットが次々に発売されてきています。

弊社でも、現在ROM書込み業務への協働ロボットの活用や提案を検討しております。
お客様での導入検討やお問い合わせ、ご要望等がありましたら、是非お問い合わせ下さい。